一般社団法人日本電線工業会 物流専門委員会
  HOME
  物流専門委員会の紹介
  物流専門委員会の環境目標
  改正省エネルギー法
  同一工事現場向け共同納入
  路線便輸送事故の実績
  荷卸しマットの活用
  電線物流ハンドブック
  リンク
     
物流専門委員会の紹介
印刷する
1.物流専門委員会の役割
物流全般に関する調査・研究
  (物流実態把握・物流費低減・輸送機関の有効利用
・共同輸送・情報化推進等)
合理的な物流システムの検討および対策の推進
   
重点取組:環境対策と物流共同化
 
2.環境対策 −地球環境問題への対応−
 
(1)CO2削減活動
背景
  京都議定書遵守、2006年4月改正省エネ法施行
→ 荷主にCO2排出量削減の努力義務 
電線工業会の取り組み
  ・電線工業会の改正省エネ法対応ガイドライン制定
・削減目標の改訂と対策の推進(モーダルシフト等)
CO2削減目標
  輸送におけるエネルギー消費原単位を年平均1%以上削減する。
グリーン物流
(2)ゼロエミッションへの取り組み
  ・梱包材料の使用削減、無包装化の推進
 グリーン物流
3.物流共同化
(1)環境規制の強化 CO2削減必須
(2)需要構造の変化    
小ロット化、時間指定増加輸送効率
・積載効率低下
物流コスト上昇
コスト削減・環境対応
地域間、地域内輸送の共同化
同一工事現場向け共同納入


| ページトップへ | 次のページへ
Copyright(C) The Japanese Electric Wire & Cable Makers' Association 2017