一般社団法人日本電線工業会 物流専門委員会
  HOME
  物流専門委員会の紹介
  物流専門委員会の環境目標
  改正省エネルギー法
  同一工事現場向け共同納入
  路線便輸送事故の実績
  荷卸しマットの活用
  電線物流ハンドブック
  リンク
     
路線便輸送事故の実績
印刷する
1.調査条件
(1)対象範囲 ・・・ トラックへの積込み以降、納入までの間、電線、非電線を問わず各社全事故を対象
(2)対象メーカー ・・・ 10社 (物流専門委員会メンバー社) 
(3)対象調査期間 ・・・ 2015年度
 
2.事故発生率
  2013年度 2014年度 2015年度
使用件数(件) 1,085,460 1,487,436 1,091,333
事故発生件数(件) 149 204 259
事故発生率(%) 0.014 0.014 0.024
3.事故発生場所別実績
発生場所内訳
場所区分 2013年度 2014年度 2015年度
発ターミナル 9% 5% 5%
中継ターミナル 7% 12% 7%
着ターミナル 41% 28% 32%
運行中 17% 24% 41%
不明 18% 14% 9%
納入先 5% 13% 3%
その他 3% 4% 2%
合計 100% 100% 100%



4.荷姿別事故発生件数
 荷姿別内訳
荷姿 2013年度 2014年度 2015年度
ドラム 32% 33% 32%
タバ 43% 44% 44%
16% 20% 20%
その他 9% 3% 3%
合計 100% 100% 100%

5.荷姿別事故内容実績
【ドラム】 【タバ】
【箱】 【その他】
【箱】(拡大) 【その他】(拡大)
6.事故内容別原因内訳
2013年度(事故件数149件)
2014年度(事故件数204件)
2015年度(事故件数259件)
注: 第1位 第2位 第3位
   ただし、10件以上


7.事故内容別発生場所事故件数

2013年度 (事故件数149件)


2014年度 (事故件数204件)

2015年度 (事故件数259件)

注: 第1位 第2位 第3位
   ただし、10件以上 

前のページへ | ページトップへ | 次のページへ
Copyright(C) The Japanese Electric Wire & Cable Makers' Association 2017