一般社団法人日本電線工業会
個人情報保護方針 サイトマップ HOME
MENU
事業内容
会員会社一覧
ニュースリリース
刊行物紹介
統計データ
STATISTICS
JCS・技術資料一覧
関連団体一覧
電線とは
関係官庁からのお知らせ
銅建値
会員専用ページ
調査系委員会関連
環境専門委員会
産業情報化専門委員会
物流専門委員会
安全専門委員会
技術系委員会関連
環境技術委員会
通信ケーブル専門委員会
 
環境技術委員会
環境技術委員会TOP >> EM・電線ケーブル
EM・電線ケーブル
 近年、地球環境保全の動きが世界規模で進行しており、産業界へも急速に広がっています。中でも、産業廃棄物の環境汚染やその処理問題は、解決が急務とされる重要課題の一つです。この流れの中で、電線各社によって、電線・ケーブルが廃棄処理されたときに環境に与える影響を抑え、鉛やハロゲンを含まず、耐燃性を有し、リサイクルし易い材料で構成された「EM電線・ケーブル」が開発され、汎用的に使用されている主な電線・ケーブルについては、日本工業規格(JIS)が制定されました。更に、最近では、建設・電販用途のみならず、キャブタイヤケーブルやコードにまで品種が拡大しています。
 当会ではこれらの電線・ケーブルをEM電線・ケーブルと称しています。EMとはエコマテリアル(Ecomaterial)および耐燃性の意味です。
 従来のビニル電線・ケーブルに比べ、EM電線・ケーブルは次に示す特長を持っています。
 
(1) 被覆材にハロゲン元素を含まないため、焼却や火災時などに有害なハロゲン系ガスの発生がない。
(2) 被覆材に鉛などの重金属を含まず、土壌汚染のおそれがない。
(3) 燃焼時に発煙量が少ない。
(4) 腐食性ガスを発生しない。
(5) 耐熱温度が高いため品種によっては許容電流を大きく取れる。
EM IE/F,EM EEF/F,EM CEE/Fの場合
ビニル;60℃→耐燃性PE;75℃
(6) 被覆材料がポリエチレン系に統一されているため、リサイクル性が良い。
   
  構造
  規格一覧表
  取り扱い上注意
  電気特性(許容電流)
   
Copyright (C) 2017 The Japanese Electric Wire & Cable Makers' Association All Rights Reserved.