一般社団法人日本電線工業会
個人情報保護方針 サイトマップ HOME
MENU
事業内容
会員会社一覧
ニュースリリース
刊行物紹介
統計データ
STATISTICS
JCS・技術資料一覧
関連団体一覧
電線とは
関係官庁からのお知らせ
銅建値
会員専用ページ
調査系委員会関連
環境専門委員会
産業情報化専門委員会
物流専門委員会
安全専門委員会
技術系委員会関連
環境技術委員会
通信ケーブル専門委員会
 
環境技術委員会
環境技術委員会TOP >> 廃電線リサイクル     
廃電線リサイクル
 
石油資源枯渇問題が深刻化するなかで、電線・ケーブルの被覆材に使用されているビニル(PVC)やポリエチレン(PE)のリサイクルが課題となっています。従来から電線・ケーブルの導体として使用されている銅やアルミは有価物であるため、ほぼ100%リサイクルされる回収システムが世の中に構築されています。しかしこの回収システムでは被覆廃材を有効利用することは考えておらず、電線メーカ系の回収ルート以外はほとんどが産業廃棄物として廃棄されています。産業廃棄物処分場の規制強化や廃棄費用の高騰からも被覆廃材のリサイクル性(マテリアルリサイクル・サーマルリサイクル)の向上が求められています。
EM電線・ケーブルは材料がポリエチレン系に統一されているため、従来のケーブルに比べマテリアルリサイクルしやすく、また燃焼時にハロゲン系ガスが発生しないためサーマルリサイクルがしやすいなど、リサイクル性がよい電線・ケーブルです。そのためEM電線・ケーブルに統一することにより被覆廃材のリサイクル性は向上するものと期待されます。
また、マテリアルリサイクルを行うには、混合被覆材の分別技術や被覆材の材料判別技術の開発などが必要となり、当会では関係業界団体などと協力して、実用化に取り組んでいます。
以上のように、当会では産業廃棄物の減量やEM電線・ケーブルの普及活動と共に廃電線ケーブルの被覆材のリサイクルに向けて取り組んでいます。
 
廃電線回収ルート
廃電線リサイクルのながれ
リサイクル技術
 
Copyright (C) 2017 The Japanese Electric Wire & Cable Makers' Association All Rights Reserved.