JCS・技術資料一覧
JCS・技術資料お知らせJCS規格一覧技術資料一覧
JCS(日本電線工業会規格)一覧 平成29年6月現在
ご購入はこちら

PDFファイルを読むためにはAcrobat Readerが必要です。
Acrobat Readerは、Adobe社のホームページからダウンロードいただけます。

規格番号 規格名称 制改定
年月
価格(円)
1000番未満:一般
0042:2003 ゴム・プラスチック電線の導体抵抗計算基準 2003.1 1,140
0168-1:2016 33kV以下電力ケーブルの許容電流計算-
第1部:計算式および定数
2016.3 2,140
  33kV以下電力ケーブルの許容電流計算-
第1部:計算式および定数 (正誤表)
2016.6 PDFデータ
0168-2:2016 33kV以下電力ケーブルの許容電流計算-
第2部:低圧ゴム・プラスチックケーブルの許容電流
2016.3 820
0168-3:2016 33kV以下電力ケーブルの許容電流計算-
第3部:高圧架橋ポリエチレンケーブルの許容電流
2016.3 620
0168-4:2010 33kV以下電力ケーブルの許容電流計算-
第4部:22kV,33kV架橋ポリエチレンケーブルの許容電流
2010.9 380
0251:2006 裸線特性値の計算基準 2006.4 1,560
0374:2003 裸線許容電流の計算基準 2003.7 2,580
0400:2015 電線用語 2015.10 1,240
0401:2002 ゴム・プラスチック電線の測定値表示桁数 2002.3 540
0501:2014 66kV以上電力ケーブルの許容電流計算 2014.5 2,820
1000番台:裸線
1205:2001 電気用半硬銅線 2001.8 720
1222:2003 可とう軟銅より線 2003.7 300
1226:2003 軟銅より線 2003.7 200
1229:2003 すずめっき軟銅より線 2003.7 600
1230:2003 すずめっき硬銅より線 2003.7 600
1236:2001 平編銅線 2001.8 780
1321:2006 耐熱硬銅より線 2006.9 660
1323:2001 みぞ付耐熱硬銅トロリ線 2001.4 660
1363:2009 鋼心高力耐熱アルミ合金より線系電線 2009.4 900
1389:2014 アルミ覆鋼線 2014.2 400
1404:2010 アルミ覆インバ心特別耐熱または超耐熱アルミ合金より線 2010.1 1,200
1405:2003 亜鉛めっきインバ心超耐熱アルミ合金より線 2003.7 840
2000番台:巻線
2241:2006 紙巻平角銅線 2006.3 240
2319:2006 ポリエステル平角銅線 2006.3 720
2332:2006 ポリエステルイミド銅線(155゜C) 2006.3 780
2334:2006 ポリアミドイミド銅線 2006.3 260
2339:2006 ポリエステルアルミニウム線 2006.3 720
2362:2006 紙巻平角アルミニウム線 2006.3 840
2367:2006 電気機器巻線用軟アルミニウム線 2006.3 200
2373:2006 電気機器巻線用平角アルミニウム線 2006.3 220
2379:2006 エナメルガラス巻銅線 2006.3 720
2392:2006 ポリエステルイミド−ポリアミドイミド銅線 2006.3 780
2393:2006 ポリエステル−ポリアミド銅線 2006.3 780
2394:2006 はんだ付け可能エナメル銅線 2006.3 1,140
2409:2006 ポリウレタン−ポリアミド銅線 2006.3 780
3000番台:絶縁電線
3337:2000 150V船用電子機器配線用ビニル絶縁電線 2000.12 1,200
  150V船用電子機器配線用ビニル絶縁電線 (正誤表) 2000.12 PDFデータ
3346:2017 NEW 600Vアルミ導体二種ビニル絶縁電線 2017.6 300
3368:2003 電子・通信機器用電線 2003.3 780
3403:1994 カンブリック絶縁線 1994.9 840
3407:2003 1000V蛍光放電灯用電線 2003.9 600
3410:2002 600Vポリエチレン絶縁電線 2002.9 780
3417:2003 600V耐燃性架橋ポリエチレン絶縁電線 2003.1 780
3501:2013 小勢力回路用耐熱電線
 →本規格 付属書B 接続部標準工法はこちらにて公開PDFデータ
2013.4 400
旧:JCS 3246は、JCS 3368:2003に統合しました。(2003年3月)
4000番台:ケーブル
4258:2003 制御用ケーブル(遮へい付) 2003.9 1,620
4271:2003 マイクロホン用ビニルコード 2003.3 240
4273:2007 6600V 架橋ポリエチレン絶縁水底ケーブル 2007.12 1,080
  6600V 架橋ポリエチレン絶縁水底ケーブル(正誤表) 2007.12 PDFデータ
4316:1995 無機絶縁ケーブル(MIケーブル) 1995.2 1,200
4329:2002 高圧EPゴムケーブル 2002.9 1,080
4347:2017 NEW 600Vアルミ導体ビニル絶縁ビニルシースケーブル 2017.6 400
4348:2017 600Vアルミ導体架橋ポリエチレンケーブル 2017.4 400
4353:2013 高圧EPゴム絶縁クロロプレンキャブタイヤケーブル 2013.12 300
4355:2003 600V特殊耐熱ビニル絶縁耐熱ビニルシースケーブル(SHVV) 2003.9 1,200
4364:2003 弱電計装用ケーブル 2003.3 380
4365:2014 補償導線 2014.9 420
4369:2014 難燃性600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル 2014.9 400
4370:2014 難燃性制御用ケーブル 2014.9 440
4376:2015 600V分岐付ケーブル 2015.6 260
4385:1992 ケーブル用波付鋼管がい装 1992.7 840
4395:2014 6600V 架橋ポリエチレンケーブル(3層押出型) 2014.9 360
4396:2014 警報用ポリエチレン絶縁ケーブル 2014.7 340
4398:2015 屋内配線用ユニットケーブル 2015.6 280
4406:2003 ネオン管用ケーブル 2003.9 600
4425:2015 屋内配線用EMユニットケーブル 2015.6 300
4427:2016 600V EM分岐付ケーブル 2016.6 240
4501:2005 耐燃性ポリエチレンコード 2005.10 840
4502:2014 600Vアクセスフロア用耐燃性ポリエチレンシースケーブル 2014.9 280
4503:2003 600V/1000V分岐付ケーブル(海外用) 2003.3 660
4503:2003 600V/1000V Main cable with branches 2003.3 600
  600V/1000V Main cable with branches(正誤表 2003.3 PDFデータ
4504:2014 警報用フラットケーブル 2014.4 240
4505:2016 演出空間電気設備用キャブタイヤケーブル 2016.6 220
4506:2013 低圧耐火ケーブル
 →本規格 付属書B 接続部標準工法はこちらにて公開PDFデータ
2013.4 560
4507:2013 高圧耐火ケーブル 2013.4 280
4508:2006 マイクロホン用耐燃性ポリオレフィンコード 2006.7 720
4509:2007 耐燃性ポリオレフィンコード 2007.4 960
4510:2007 耐燃性エチレンゴムキャブタイヤコード 2007.4 840
4511:2013  600V耐燃性エチレンゴムキャブタイヤケーブル 2013.12 300
4512:2013 600V耐燃性ポリオレフィンキャブタイヤケーブル 2013.12 300
600V耐燃性ポリオレフィンキャブタイヤケーブル(正誤表) 2017.6 PDFデータ
4514:2013 溶接用耐燃性架橋ポリオレフィンケーブル 2013.12 260
4515:2009 EM電線・ケーブルの識別方法 2009.2 600
4516:2010 3 300V架橋ポリエチレンケーブル 2010.1 1,020
4517:2015 太陽光発電システム用ハロゲンフリーケーブル 2015.3 480
4518:2011 マイクロホン用耐燃性ポリエチレンコード 2011.6 780
4519:2015 アース線付600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル 2015.6 360
4520:2015 アース線付600Vポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル 2015.6 340
4521:2014 電力ケーブル環境配慮電流計算 600V 架橋ポリエチレン絶縁単心3個よりケーブル 2014.9 820
4522:2013 電気自動車等用可とうケーブル 2013.12 500
4523:2017 高圧アルミ導体架橋ポリエチレンケーブル 2017.4 420
5000番台:通信ケーブル
5224:2014 市内対ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル 2014.3 400
5287:2016 市内対ポリエチレン絶縁ポリエチレンシースケーブル 2016.12 360
5327:2017 市外星ポリエチレン絶縁プラスチックシースケーブル 2017.3 380
5402:2014 着色識別ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブル 2014.3 340
5420:2011 市内対ポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル 2011.10 340
5421:2011 着色識別ポリエチレン絶縁耐燃性ポリエチレンシースケーブル 2011.10 340
5422:2012 耐燃性ポリエチレンシース高周波同軸ケーブル(ポリエチレン絶縁編組形) 2012.3 340
5423:2012 衛星放送テレビジョン受信用耐燃性ポリエチレンシース同軸ケーブル 2012.3 320
5424:2006 通信分岐付ケーブル 2006.3 780
5429:2012 ECO通信分岐付ケーブル 2012.8 300
5501:2017 耐熱形漏えい同軸ケーブル及び耐熱形同軸ケーブル 2017.5 280
5502:2013 耐熱光ファイバケーブル 2013.4 220
5503:2011 耐燃性ポリオレフィンシースLAN用ツイストペアケーブル 2011.12 400
5504:2011 電子ボタン電話用ケーブル 2011.12 320
5505:2012 環境配慮形光ファイバケーブル 2012.3 240
5506:2010 環境配慮形メタル通信ケーブル
 →リーフレットはこちらPDFデータ
2010.11 720
5507:2010 LAN用ツイストペアケーブル 2010.9 1,080
6000番台:原材料
6399:2009 架空送電線用防食剤 2009.4 780
7000番台:共通試験方法
7056:2008 ゴム・プラスチック絶縁電線用スパークテスタ 2008.12 720
7264:2015 電線用塩化ビニル着色剤試験方法 2015.3 280
7291:2002 ゴム・プラスチック電線検査数量標準 2002.6 780
7311:2003 電線用布テープ試験方法 2003.6 720
7375:2014 電線用ポリエチレン試験方法 2014.12 480
7391:2015 電線・ケーブルの促進暴露試験方法 2015.6 280
7397:2014 電線・ケーブルの燃焼性に関する特性試験方法 2014.12 280
7501:2011 光ファイバ複合架空地線の試験方法 2011.10 520
7502:2014 ケーブル耐火試験方法(小型加熱炉) 2014.11 360
7503:2009 ケーブル耐火試験方法(大型加熱炉) 2009.9 960
7504:2014 電線・ケーブル耐熱試験方法 2014.11 520
7505:2014 接続部耐火試験方法(小型加熱炉) 2014.4 320
7506:2009 接続部耐火試験方法(大型加熱炉) 2009.9 720
7507:2007 接続部耐熱試験方法 2007.2 780
7508:2009 高難燃ノンハロゲン性能試験方法 2009.9 720
8000番台:梱包・巻枠
8077:2013 電線包装用木製ドラム 2013.6 500
  電線包装用木製ドラム (正誤表) 2016.2 PDFデータ
8341:1993 電線包装用鉄製ドラム 1993.6 1,200
8342:2006 巻線用木製巻枠 2006.3 660
8377:2006 巻線用ペイルパック 2006.3 200
8408:2006 巻線用プラスチック巻枠 2006.3 660
8501:2006 エナメル線用プラスチックボビン 2006.3 960
8502:2008 電線包装用ドラム表示ラベル 2008.3 660
9000番台:特別規格(規格の販売が制限されています。お問い合わせ下さい。)
9068:2014 屋内用通信電線 2014.3
9069:2014 屋外用通信電線 2014.3
9070:2014 通信用構内ケーブル 2014.3
9071:2014 屋内用ボタン電話ケーブル 2014.3
9072:2016 着色識別星形ポリエチレン絶縁ポリエチレンシースケーブル 2016.12
9073:2005 SDワイヤ 2005.9
9074:2016 耐燃性ポリエチレン被覆屋内用通信電線 2016.10
9075:2011 耐燃性ポリエチレンシース通信用構内ケーブル 2011.10
9076:2011 耐燃性ポリエチレンシース屋内用ボタン電話ケーブル 2011.10

注:

  1. 「価格」は、一般(会員以外)向け販売価格で、消費税は含みません。
    なお、「価格」の欄がPDFになっているものは、当会が資料を公開するものですので、ダウンロードしてご利用下さい(無料)。
  2. 追補はJCS規格の改正版発行方法です。上記一覧には旧規格と追補を併記します。追補版が発行された時点で当該規格は改正されます。追補により改正された内容以外の元版の規格内容は有効であり、新規格の一部を構成するものとみなされます。旧規格を既にご利用されている場合は、追補をダウンロードして、旧規格と一体でご利用下さい。

pagetop

Copyright (C) 2017 The Japanese Electric Wire & Cable Makers' Association All Rights Reserved.