事業内容

設立と目的

 当会は、1948年に設立された「電線工業クラブ」を基に、1951年に「電線工業会」と名称変更され、1957年に「社団法人日本電線工業会」に組織変更されたものです。さらに、2012年4月1日に新公益法人制度の下で、「一般社団法人日本電線工業会」に移行いたしました。

 当会の設立目的は、わが国の電線工業の健全なる発展を図り、もって日本経済の発展と国民生活の向上に寄与することを目的としています。

 

所在地

本部本部案内図

〒104-0045 東京都中央区築地1-12-22(コンワビル6F)
 電話 03-3542-6031(総務部) -6033(調査部) -6035(技術部)
 FAX  03-3542-6037

大阪支部 支部案内図

〒541-0055 大阪市中央区船場中央2-1-4-301 船場センタービル4号館3F
 電話 06-6265-4445    FAX 06-6265-4446

 

構 成

1.会 員

日本において電線に係わる事業を営む法人および個人を資格者とする正会員と、それ以外で本会の目的に賛同し、その事業に協力する賛助会員によって構成されています。平成29年8月1日現在、正会員は116社・1団体、賛助会員は24社・3団体となっています。

2.会 長

伊藤雅彦(株式会社フジクラ 取締役社長)

3.役 員

理事25名(電線会社23社と専務理事・常務理事)
監事2名(電線会社2社)

 

事業内容

 当会の主たる事業内容は以下のとおりです。当会の事業活動詳細に関しては、当会ウェブサイトに掲載しております事業報告書他をご参照ください。

1.規格・標準化事業

用途に応じた最適な電線・ケーブルをメーカー、ユーザー、流通等の関係者の方々が客観的に判断できるようにする為、製品の仕様や評価方法の標準化を行います。

2.技術検討事業

当会の会員に共通する課題、業界の社会的責任として対処すべき課題の中で、技術的内容に関する調査・検討を行います。

3.出版事業

電線・ケーブルを安全・適切に使用する為に必要な基礎知識、専門的な技術情報、電線製品の統計データなどに関する出版物の発行・販売を行います。 主な出版物には、「電線要覧」、「JCS規格」、「電線の知識」、「電線工業の概況」、「電線統計年報」があり、どなたでも入手可能(有償)です。

4.機関誌発行事業

当会の機関誌「電線時報」の発行を通して、当会の事業活動に係る情報及び会員に有益な情報の提供を行います。

5.調査検討事業

当会の会員に共通する課題、業界の社会的責任として対処すべき課題の中で、技術的以外の内容に関する調査・検討を行います。

6.広報普及事業

当会ウェブサイトへの掲載、報道機関への発表等による当会及び電線業界全般に関わる情報の発信、当会会員に向けた政府施策や制度対応等の普及・徹底を行います。

7.講習人材育成事業

当会の会員の人材育成支援として、会員関係者を主たる対象に、電線・ケーブルに関する基礎知識、特定分野の専門知識などに係る講習を行います。

 

機構図

機構図

 

日本電線工業会事業

 →  目次ページへ

以 上

pagetop

Copyright (C) 2017 The Japanese Electric Wire & Cable Makers' Association All Rights Reserved.